読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲームのはなし

人狼やボードゲームなど、とにかく遊んだ記録をつけていきます。

麻雀人口増加計画・人狼リターン3戦目の考えていたこと記録

11月15日、麻雀人口増加計画の人狼リターンが有りましたので参加しました。

fundiy.jp

 

 全3戦、いずれも白熱した試合となり楽しい時間を過ごさせていただきました。特に3戦目は間違いなく今年2016年の心に残った人狼になるので、その時に考えていた事を備忘録として書きます。

  ※一部記憶違いはあるかもしれませんが、ご容赦いただければ幸いです。

 

【初期情報】

 メンバーは以下の通り。(敬称略・席順の奇数席は麻雀プロ、偶数席はサポーター)

1番席  :仲林圭

2番席  :タウン

3番席  :白田みお(みおんぬ)

4番席  :るう

5番席  :武中真(兄)

6番席  :じょんうん

7番席  :大崎初音(ヒルダ)

8番席  :ブルー

9番席  :武中進(弟)

10番席:まなびー

11番席:松田麻矢

12番席:ひつじ

13番席:大浜岳

 

 引いたカードは人狼。仲間の人狼は、1番席仲林圭さんと3番席みおんぬさん。端の3人が人狼です。

 1戦目と全く同じでした。

 笑いをこらえつつ、前回予言騙りをしたので今回は潜伏を頑張ろう、と考えていました。

 

【1日目】

 初日の議論。少し議論が進んだ後、大浜さんの提案で

 「自分が狩人だったらだれを守るか一斉に指名、誰からも指名されなかったら投票対象」

という案を実施しました。一斉にやった結果、7人ぐらい投票対象になり、人狼では僕とみおんぬさんが投票対象に。

 するとまなびーさんが役職だから吊らないで欲しいと宣言。役職を言いたくないと濁すのでまさかと思いつつ様子を見守ると、狩人CO。言い淀んだ感じからして多分本物でしょう。狩人を探す手間が省けてラッキーでした。

 

  さてここからどうやって投票対象から抜けようか考えていたら、みおんぬさんが霊媒師CO。そしてその直後に、投票対象になっていなかった麻矢さんが対抗の霊媒師CO。まあそうなるよねえ、と思いながら自分がどうやったら投票対象から抜けるか手がかりを探します。

 

 タウン「指されなかったら投票対象になる、というのであれば素直に考えて人狼が人狼を指すことはあり得ると思う。だから、武中兄弟がお互いを指し合ってるのは、人狼が指しあってる可能性があると考えてます」

 

  という推理を述べました。これでヒルダさんがとりあえずの白置きをしてくれて一安心、と思ったら武中弟さんが

 武中弟「いや、予言者で兄を人間と知ってるんです」

 と予言者CO。しかし直後に事件は起こりました。

 武中兄「え、俺予言者で弟を人間と知ってるんだけど」

 

 まさかの兄弟予言対抗でした。しかも真狂の組み合わせ。ということは。

 

 「今日は絶対人狼がいる霊媒師に投票しましょう!」

 というわけで投票の時間です。できれば真霊媒から先に処刑したいと麻矢さんに入れましたが、残念ながら処刑は仲間の人狼みおんぬさんでした。

 

 夜の襲撃はノータイムでまなびーさん。占われなければ霊媒ローラーできそうだなと考えながら朝を迎えました。

 

【2日目】

 まなびーさん襲撃成功。これでもう狩人の心配はしなくて大丈夫。霊媒結果は当然人狼です。そして予言結果は、

 武中弟「タウンさん人間」

 武中兄「仲林人狼」

 真狂はきっちり判明しましたが、仲間が占われてしまいました。仲林さんが処刑されて真能力者のラインが繋がるのは避けたいところ。ここは時間稼ぎのために霊媒ローラーを提案しようと思ったら、

 

 じょんうん「麻矢さん本物だと思う。みおんぬさんは『相手の正体はわからないけど』って言ってたけど、予言が真狂だから相手は絶対人狼。それに気付かないみおんぬさんは本物じゃないと思う」

 ヒルダ「アタシもそれ思った!だからそれを指摘したじょんうん絶対人間だと思う!!」

 じょんうんさんヒルダさんの道産子シンクロが始まってしまいました。そして麻矢さんの信用が一気に上がり、

 「麻矢さん本物だと思う人ー?」

 というアンケートにはほとんど全員が挙手。

 

 これはもう霊媒ローラー無理だ…。

 霊媒ローラーしない村人は容赦なく仲林さんに投票します。人狼の気配を消すために、僕も泣く泣く身内切りしました。ごめんなさい。

 

 二日目にしていきなり最後の人狼になってしまいました。 

 夜の襲撃先は麻矢さん一択で決めました。これでみおんぬさんが人狼確定してしまいますが、武中兄さんと麻矢さんのラインが繋がる最悪のシナリオだけは絶対に阻止しないと詰んでしまいます。さらに村が麻矢さん真で決め打ってて、当の麻矢さんは私を怪しんでる以上、生かしておくのは危険です。

 

 武中兄、僕を占うな!!

 祈りながら朝を迎えました。

 

【3日目】

 麻矢さんが襲撃されたことにより、予言の真偽はまだ村目線ではついていない状況です。 

 武中弟「ブルーさん人狼!」

 武中兄「大浜人間」

 

 武中弟さんナイス!!!

 これで今日の処刑はブルーさんに決められます。麻矢さんが死んだ以上、村目線ではどちらが本物か見分けがつかない状態です。それであれば、ブルーさんを処刑して、どちらの予言者が本物だとしても確実に残りの人狼は1匹という状態にしたいという流れは不自然ではありません。

  「みおんぬさんが人狼確定だから、みおんぬさんに投票してない人を怪しむ」

 という意見はもちろん出ましたが、幸い自分は武中弟さんの白先、その日のメイントピックはブルーさんの弁明だったので、そこまで深く追求されませんでした。

 処刑はブルーさん。

 

   襲撃は真予言の武中兄さん。議論中に

 「今日、予言のどちらかが襲撃されたとしても、襲撃された方が真とは限らない」

 という意見がでましたが、明日は残り7人で人狼1匹という状態です。真予言に占われて人狼と言われたら、とりあえず処刑しようという流れになり詰んでしまいます。それだけは避けなければいけません。真予言襲撃一択です。*1

 

【4日目】

武中兄さん襲撃で残りは7人。

 武中弟「ひつじさん人間」

 メイントピックは、

 「どちらが真予言か」

 「今日の処刑対象はどうするか」

 大浜「武中弟を真予言だと思ってるんだよね。でも、みおんぬに投票してないタウンさんを怪しんでる」

 予想はしてましたが矛先が向きはじめました。なんとかかわさないと。

 ひつじ「人狼あと1匹だから大丈夫じゃ無い?私処刑でもいいし」

 タウン「え、いいんですか?」

 ひつじ「だって、これだけ人間がいて、ちゃんとみんな推理してるんだからさ。情報出てるし、人狼追い詰められると思うよ」

 

 そうなのです。村目線では武中兄弟のどちらが本物の予言者か見分けはつきませんが、いずれにしても、人狼は残り1匹。つまり、村には余裕があります。

 

 タウン「あ、そうか!だったら初日にみおんぬさんに投票してないひつじさんや僕を処刑してもまだ大丈夫ですね」

 つまり、処刑されたく無いアピールを出すと、最後の人狼と思われる可能性があるため、危険です。

 タウン「…あれ?ひつじさんと僕を処刑して、残り3人…大丈夫?ひつじさん、全然処刑嫌がって無いし、これ、ひつじさん村だとしたら、本当に大丈夫ですか?」

 処刑されたくない本心を隠して処刑OKの論を出しつつ、ひつじさんと僕を両方処刑したら村に後がないアピールをします。

 

 武中弟「いや、2人とも俺の白先だからやめて欲しい」

 武中弟さんの信用度はまだ低下していなかったので今日は処刑され無さそうですが、今のうちに自力で信用度を上げておく必要があります。

 

 ヒルダ「じょんうん人間だと思うけど、さすがにあそこで仲間の人狼を売ったクソ野郎じゃないよね!?」

 ヒルダさんがじょんうんさんを疑い始めていますが、さすがに今日は処刑対象にはならないでしょう。そんなことを考えていたら議論時間が終了しました。

 

 その日の投票先は武中弟さんの白先を避けて、るうさん、ヒルダさん、じょんうんさん、大浜さんの四択に。結果、消去法に近い形でるうさんが処刑されました。

 

 るう「処刑対象になるという認識がなかったから喋らなかった。もっと喋ればよかった」

 

 夜は議論の中で一番村っぽいと感じた大浜さん。武中弟さんを真予言と言ってましたが、思考が反転したら危険なので今のうちに襲撃しておきます。

 

【5日目】

 大浜さん襲撃。残りはじょんうんさん・ヒルダさん・ひつじさん・武中弟さん・タウンの5人。

 

 武中弟「大浜人間」

 これで武中弟さん目線、人狼はじょんうんさんとヒルダさんのどちらか。とはいえ、僕の印象としてはどっちも村っぽく、処刑に持っていくのは大変だから、今日は武中弟さんしかなさそう、と思っていたら、

 ヒルダ「ひつじさんとタウンさんが白くて疑えない。じょんうん、クソ野郎なんじゃ無いの!?」

 予期せぬ展開でした。今日は武中弟さん処刑と思ってましたが、少しずつ決めうちの雰囲気が漂ってきました。武中弟さんはじょんうんさんに狙いを定めているようです。

 

 投票の時間になりました。

 できるんだったら、武中弟さんを生かしてパワープレイに持ち込みたいところ、と考えていたら、あれよあれよとじょんうんさんと武中弟さんに二票ずつ集まり、僕が最終票に。

 

 タウン「あ、え、…よし!仮に武中弟さんが偽物でも、その時は生き残ってた人に頑張ってもらおう!!」

 

 勝つのは僕ですが。

 じょんうんさんに投票し、じょんうんさんを処刑しました。

 

 じょんうん「僕は村なので、村続きますよ」

 そして夜がやってきます。

 

 襲撃はひつじさん。長い戦いでした。

 

【6日目・最終日】

 タウン「ありがとう……!!ありがとう……!!」

 議論が始まり、これまでずっと助けてくれてたスーパー狂陣、武中弟さんに感謝の気持ちを表すべく駆け寄って固い握手を交わしました。

 

 ヒルダ「待って。本当にそう思ってる?違うから」

 当然ヒルダさんは対抗してきます。こちらが全身で人狼COしたのに対し、ヒルダさんは椅子から離れず武中弟さんを射抜くような目で見つめる余裕の人狼COです。

 

 タウン「いやいや、僕怪しいでしょ、みおんぬさんに入れてないし」

 ヒルダ「アタシ昨日あれだけ人間人間言ってたじょんうんを、いきなりクソ野郎呼ばわりして処刑したんだよ!?そんな人間、いる!?」

 

 こちらは圧倒的に優勢と思っていました。しかし。

 武中弟「…えっとねえ、今、迷ってる」

 

 おいおい待って待って、いきなり仲間2人とも失ってここまで来たのに、迷わなくていいから!この日のためにMoreの「Just one girl」振り付けとか覚えて、もしみおんぬさんか麻矢さんにPP食らったら、歌詞を引用したり踊ったりして説得しようとか色々準備してたのに、ここで負けるって、ないぞ!!おっちゃんかなり頑張ったでえ!!

www.youtube.com

 

 武中弟「だいたい大崎はなんでひつじさん襲ってタウンさん残したの?」

 ヒルダ「大人狼村ってイベントがあって、アタシと勝負したことがあったから!」

 

 そう、かつて大人狼村というイベントで、僕は最終日、人狼(狂狼)として眞形さんとヒルダさんに勝負を挑み、負けました。今こそ、その時の雪辱を晴らすときです。

 

※参考:下から3番目に写真あり

ameblo.jp

 

 タウン「大丈夫ですから!!迷わなくて!!信じて!!俺、真っ黒!!」

 ヒルダ「喋らせてよ!!」

 

 議論時間が終了。 僕とヒルダさんはお互い入れ合います。

 武中弟「これでPPひっくり返されたらヤダから、という私怨で入れますね。大崎」

 

 かくして村は無事に滅びました。

 クラウドファンディングだけに私怨(支援)の力は偉大だと実感しながら、勝利の喜びを仲間たちと分かち合いました。

 

 以下、プレイログです。

f:id:TownBeginner:20161118090805p:plain

 

 改めて大崎初音さんを初めとする麻雀プロの皆様、僕と同じく人狼リターンに支援して同村いただいた皆様。本当にありがとうございました。想像以上に熱く楽しい戦いができて、感無量です。武中兄弟の予言対抗というレアシーンにも立ち会えて思い残すことはありません。

 

 

  これからも麻雀と人狼が楽しい世界を広げていくことができますように。

 

*1:事実、武中兄さんは僕を占っていました。危ないところでした。